カテゴリー別アーカイブ: 浮気

あいつの友だちを辞めた!だって、奥さんがかわいそう

きょう、約10年付き合っていた友だちに、「何度も注意してきたけど、お前の浮気癖は酷すぎる!」と絶交を宣告してきました。

バツイチならぬバツ3のあいつ。その離婚理由のすべてが浮気であり、不倫でした。あいつの浮気のアリバイづくりのために、自分が利用されたことも2度や3度ではありませんでした。

あいつの奥さんから「もしかして主人は浮気をしているのでは…、最近様子が変なんです」と切実に相談されました。
「大丈夫ですよ!あいつを信じてあげてください」と奥さんへ言ったときは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

「お前ねぇ!なんで、妻帯者のくせに浮気したり、不倫を繰り返すの?」と問いただしたことがありました。

「だって、俺、女好きなんだもん!いい女がいたら、そっちに走るのは男の本能でしょ!」と開き直られました。

こいつの浮気や不倫は、不治の病みたいなものかもしれない。このままでは、またアリバイ作りに利用されたりする可能性があるし、女性を泣かす片棒を担ぎたくないので、もう友だちはやめようと思ったわけです。

浮気調査のコスパな頼み方

パートナーの浮気が発覚し、これまで縁のなかった探偵社に浮気調査を依頼しなければいけない場合、もしかしたら、安さを売りにしている探偵社はとても魅力的に映るかもしれません。
もちろん安いに越したことはありませんが、安すぎる時はちょっと用心してください。余りに調査料金をが安いと、いい加減な浮気調査を行っていることも考えられます。浮気調査の契約する前に、誠実な会社なのかどうかもチェックしておかなければいけません。

浮気や不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は興信所や探偵社ごとに変わってきます。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者に見積りしてもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。

また、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査時間の短縮になる上、調査費用として払うお金も少なくて済みます。探偵を雇って不倫調査をしてもらう際は、平均的な料金は知っておいて損はないでしょう。
割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。一律料金や割安料金で安心感を与え、よくわからない諸経費や天候割増など、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

探偵へ浮気調査の依頼は慎重に

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。

一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。しっかりした探偵社なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査を依頼するときは代金が必要になります。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとにコストテーブルも変わります。

尾行調査だって、ある程度まとまった時間を要します。期間、季節、時間帯などによっても料金は変わりますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥ることが本当に多いです。

なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるのでやすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。
そういった再会を機に配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。