離婚して一人で生きて行きたい

ひょんなことから知り合いになった女性から、けっこうシビアな相談を受けました。
彼女は、結婚5年目の専業主婦。3歳になる男の子の母親でもあります。そんな彼女なんですが、ご主人や子どもと別れて独り身になりたいと願っています。つまり、離婚して子供はご主人に引き取ってほしいということなんですね。

理由を聞いても納得できる答えは返ってきません。
「子供は主人になついているし、育児に自信のない私よりも、主人には子供好きな女性と再婚してらって子供を育ててもらうのが、あの子にとっても幸せだと思うんです」と一方的にまくし立てました。

「もしかして、あなたは他に好きな男性がいて、夫と子供を捨ててその人といっしょになりたいんですか?」

「いえ、そんな男性はいません。離婚したら、二度と結婚も出産もするつもりありません」と言いました。

夫婦関係や家庭、子供に対しての価値観は個々人によって異なりますが、彼女の話を聞いていて、どうも彼女には何か家族への価値観とか、子供への想いが少し欠けていると思わざるをえませんでした。女優の山口智子さんは、唐沢寿明さんと結婚して、子供を産まない選択をした女性です。それはそれで彼女の価値観から選択したものですから話を聞いても納得できました。

しかし、彼女は産む選択をして、実際に男の子がいるわけです。離婚する、しないは彼女と夫の問題ですし、私が口を挟むべき問題ではありません。でも、3歳の男の子のことを心から考えてあげてほしいと思ってしまいました。

元カレと復縁したい

恭子さん(仮名)は、1年前に別れた彼氏のことが今も忘れられず、辛い日々を送っています。
実は、別れてから半年後に、恭子さんはカレに復縁を迫ったことがありましたが、残念ながら思いは叶わずに再びふられるという結果に終わってしまいました。

それでも、恭子さんは元カレのことがどうしても諦められません。
「二度もふられているのでこれ以上見込みがないのはわかってます。でも今でも毎日思い出してしまいます。もう自分がストーカーのようで情けないです。でも、もう一度だけ私の心の中の想いをすべてぶつけようと思います」と強い決意を語ってくれました。

客観的に言えば、恭子さんの想いが元カレに通じる可能性はとっても低いけど、奇跡を信じてアタックしたいという強い気持ちが、もしかしたら本当に奇跡を呼ぶかもしれません。相手のことが好きだから、ふられたら身を引くという人もいますし、やっぱり復縁したいから気持ちを伝えて行きたい…という人もいます。

本当に縁があれば、どんな障害があっても復縁できるし、それを信じて行動することが大切なんだと思います。恭子さんの想いが通じることを祈りたいと思います。