gion のすべての投稿

育毛に効果的なシャンプー方法

シャンプーは、髪や頭皮の汚れや余計な皮脂を除くもので、正しいシャンプーをすることで育毛に効果的な頭皮環境を作ることができます。誤解してほしくないのは、シャンプーのみで育毛はできないということです。ドラッグストアやネット上で、育毛シャンプーが多く出回っていますが、多くの場合、これらを使っても直接的に育毛に効果があるということはないと思ってください。
続きを読む

フラッシュ脱毛

ワキ脱毛といってもさまざまな施術方法があります。
レーザー脱毛は、比較的短時間で終わるのが特長ですが、その理由は1秒間におよそ1平方センチメートルの範囲で照射できるからです。

たとえば両ワキのレーザー脱毛ならわずか5~10分程度で終わるといわれ、レーザー脱毛の料金も従来からある脱毛方法に比べて、かなり安いのが魅力となっています。
レーザーの毛法は、皮下にある毛根に直接施されるため、痛みなどはほとんどなく、またアトピー体質の人や皮膚がデリケートな人でも安心だということです。
続きを読む

あいつの友だちを辞めた!だって、奥さんがかわいそう

きょう、約10年付き合っていた友だちに、「何度も注意してきたけど、お前の浮気癖は酷すぎる!」と絶交を宣告してきました。

バツイチならぬバツ3のあいつ。その離婚理由のすべてが浮気であり、不倫でした。あいつの浮気のアリバイづくりのために、自分が利用されたことも2度や3度ではありませんでした。

あいつの奥さんから「もしかして主人は浮気をしているのでは…、最近様子が変なんです」と切実に相談されました。
「大丈夫ですよ!あいつを信じてあげてください」と奥さんへ言ったときは、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

「お前ねぇ!なんで、妻帯者のくせに浮気したり、不倫を繰り返すの?」と問いただしたことがありました。

「だって、俺、女好きなんだもん!いい女がいたら、そっちに走るのは男の本能でしょ!」と開き直られました。

こいつの浮気や不倫は、不治の病みたいなものかもしれない。このままでは、またアリバイ作りに利用されたりする可能性があるし、女性を泣かす片棒を担ぎたくないので、もう友だちはやめようと思ったわけです。

浮気調査のコスパな頼み方

パートナーの浮気が発覚し、これまで縁のなかった探偵社に浮気調査を依頼しなければいけない場合、もしかしたら、安さを売りにしている探偵社はとても魅力的に映るかもしれません。
もちろん安いに越したことはありませんが、安すぎる時はちょっと用心してください。余りに調査料金をが安いと、いい加減な浮気調査を行っていることも考えられます。浮気調査の契約する前に、誠実な会社なのかどうかもチェックしておかなければいけません。

浮気や不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は興信所や探偵社ごとに変わってきます。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者に見積りしてもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。

また、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査時間の短縮になる上、調査費用として払うお金も少なくて済みます。探偵を雇って不倫調査をしてもらう際は、平均的な料金は知っておいて損はないでしょう。
割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。一律料金や割安料金で安心感を与え、よくわからない諸経費や天候割増など、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

出会い系で知り合った彼の部屋へ

私は、ある居酒屋チェーンで働いています。そこに19歳の女の子がアルバイトとして入ってきました。私と彼女はとてもウマが合い、いろいろと彼女の相談に乗るようになりました。
ある日「出会い系サイトで知り合った年上男性の部屋へ今度、お泊りデートに行くんですが、実は私はまだ未経験なんです。19歳にもなって初めてなんて、男性は引いてしまいますか?」と相談を受けました。

実は、その男性と会うのは初めてらしく、最初のデートがお泊りということを聞いて驚きました。電話は毎日のようにしているみたいですが、彼女の身の安全が心配です。
「何度かその男性とデートして、信頼できる男性だと分かってからお泊りデートした方がいいよ。万が一のことがあってからでは遅いわよ!まずは、お互いをきちんと知り合うこと」と説得しましたが、どうも彼女は男性の部屋へ行く気まんまんです。

何ごともなく、無事に帰ってきてくれればいいのですが…

離婚して一人で生きて行きたい

ひょんなことから知り合いになった女性から、けっこうシビアな相談を受けました。
彼女は、結婚5年目の専業主婦。3歳になる男の子の母親でもあります。そんな彼女なんですが、ご主人や子どもと別れて独り身になりたいと願っています。つまり、離婚して子供はご主人に引き取ってほしいということなんですね。

理由を聞いても納得できる答えは返ってきません。
「子供は主人になついているし、育児に自信のない私よりも、主人には子供好きな女性と再婚してらって子供を育ててもらうのが、あの子にとっても幸せだと思うんです」と一方的にまくし立てました。

「もしかして、あなたは他に好きな男性がいて、夫と子供を捨ててその人といっしょになりたいんですか?」

「いえ、そんな男性はいません。離婚したら、二度と結婚も出産もするつもりありません」と言いました。

夫婦関係や家庭、子供に対しての価値観は個々人によって異なりますが、彼女の話を聞いていて、どうも彼女には何か家族への価値観とか、子供への想いが少し欠けていると思わざるをえませんでした。女優の山口智子さんは、唐沢寿明さんと結婚して、子供を産まない選択をした女性です。それはそれで彼女の価値観から選択したものですから話を聞いても納得できました。

しかし、彼女は産む選択をして、実際に男の子がいるわけです。離婚する、しないは彼女と夫の問題ですし、私が口を挟むべき問題ではありません。でも、3歳の男の子のことを心から考えてあげてほしいと思ってしまいました。

元カレと復縁したい

恭子さん(仮名)は、1年前に別れた彼氏のことが今も忘れられず、辛い日々を送っています。
実は、別れてから半年後に、恭子さんはカレに復縁を迫ったことがありましたが、残念ながら思いは叶わずに再びふられるという結果に終わってしまいました。

それでも、恭子さんは元カレのことがどうしても諦められません。
「二度もふられているのでこれ以上見込みがないのはわかってます。でも今でも毎日思い出してしまいます。もう自分がストーカーのようで情けないです。でも、もう一度だけ私の心の中の想いをすべてぶつけようと思います」と強い決意を語ってくれました。

客観的に言えば、恭子さんの想いが元カレに通じる可能性はとっても低いけど、奇跡を信じてアタックしたいという強い気持ちが、もしかしたら本当に奇跡を呼ぶかもしれません。相手のことが好きだから、ふられたら身を引くという人もいますし、やっぱり復縁したいから気持ちを伝えて行きたい…という人もいます。

本当に縁があれば、どんな障害があっても復縁できるし、それを信じて行動することが大切なんだと思います。恭子さんの想いが通じることを祈りたいと思います。

スキンケアと保湿

最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性がどんどん増えています。具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、スキンケア化粧品に混ぜて使うなど、使い方は様々。メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとして使っている、という方も。もちろん、日々の
食事にプラスするだけでもお肌にいい影響を与えます。ただ、品質の良いものである事はとても重要ですのでしっかり意識して選んでください。

気持ちのいいハンドマッサージや最新のエステ機器などで特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取って肌のすみずみまで血行がいきわたりますから新陳代謝も盛んになるでしょう。世間には、スキンケアは必要無いという人がいます。いわゆるスキンケアを何もせず肌そのものが持つ保湿力を大切にするという考え方です。

けれども、メイクをする人はクレンジング無しという訳にもいきません。もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の水分は奪われて
いきます。週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。

探偵へ浮気調査の依頼は慎重に

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。

一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。しっかりした探偵社なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査を依頼するときは代金が必要になります。もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとにコストテーブルも変わります。

尾行調査だって、ある程度まとまった時間を要します。期間、季節、時間帯などによっても料金は変わりますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、必然的に費用は多くなります。一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥ることが本当に多いです。

なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるのでやすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。
そういった再会を機に配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。